面接あるある|内定をもらったら

  1. ヤマキャリトップ
  2. 面接あるある
  3. 面接あるある 〜内定をもらったら〜

転職ノウハウ&アルバイトガイド

面接あるある 〜内定をもらったら〜

内定が決まると、退職手続には書類の提出などをおこなわなければなりません。
また、在職中である場合は、引き継ぎが長引いてしまったり、
会社から強い引き留めを受けてしまって退職交渉が難航することも…。
状況はさまざまですが、再就職までの期間はあっという間に近づいてきます。
慌てて書類不備などがおこらないように、事前に準備しておきましょう。

企業から内定の連絡をもらったら、
入社の承諾をする前に、きちんと労働条件の確認をしておきましょう。
面接時に説明を受けた条件などをメモしておくと、確認も速やかです。
内定後の流れとしては、以下の通り。

電話やメール、文書で内定通知を受取ったら、
遅くとも3日以内には返事をするようにしましょう。
他社も受けていて即答できない場合などは、
「必ず◯日までにはお返事します」というように伝えること。

内定を辞退する場合も、できるだけ早く連絡し、きちんと謝罪をしましょう。
雇用契約を結んでからの内定辞退は、賠償請求をされるケースも…。返事はよく考えて。

雇用契約を結ぶ労働条については、入社後のトラブルを避けるためにも、
必ず書面での確認をおこなうようにしましょう。
以下のものについては書面で明示することが、労働基準法によって定められています。
・雇用形態
・給与
・勤務時間
・休日
・就業場所
試用期間が設けられている場合は、その期間や待遇についても確認しておくと安心です。

退社日、入社日の設定
在職中の場合であれば現在の上司と相談し、退職日を設定、転職先の企業に報告します。
この点については、面接時にも説明をしておきましょう。
・自己都合による退職の申し出
法律上では、退職願のような文書だけでなく、口頭で伝えることも認められています。
しかし、一般的なマナーとしては、退職願として文書を提出することが定着しています。
基本的には、まずは上司に口頭で退職の相談をおこない、退職の日取りを決めてから、
「退職願」を文書として提出するという流れ。退職日を設定したという証明にもなるため、
コピーを取ってから提出するようにするとよいでしょう。

退職願の書式については自筆の場合と、会社規定のもので作成する2パターンがあります。
勤務先に確認したうえで、ない場合は以下のような形で作成してみてください。

お祝い金について

初めての方へ

  • 最新の求人情報
  • WEBメッセージ
  • WEB履歴書

など使える機能が満載です。

新規会員登録
企業様はこちら
TOP